プラセンタサプリ人気ランキングはこれだ

プラセンタとは

 

 

プラセンタが胎盤を意味する言葉だとご存知の方が、増えてきたようです。昔からプラセンタの有用性は注目されてきましたが、今のように美容目的で一般に広く普及されるようになったためでしょう。胎盤は、動物が出産するときに、胎児に栄養を送る母体にある生命体です。ただし、サプリメントや医療に利用されているプラセンタとは、胎盤を指すのではなく胎盤にある成長因子を抽出したものを指します。

 

プラセンタの役割
プラセンタは母体と胎児をつなぐ胎盤で、一般に注目されているのは胎盤から抽出した差成長因子のことです。グロースファクタとも呼ばれる成長因子は、細胞分裂を促進する成分です。新しい細胞を作り出すのに欠かせない成分で、たった一つの受精卵が驚くほどの細胞分裂を繰り返して人や動物の形になれるのもこの成長因子あってこそのことなのです。

 

細胞分裂が得意ということは、年齢を重ねて細胞の活性化が衰えてきた体を若々しくすることができるということです。このことから、アンチエイジング対策の化粧品やサプリメントなどに利用されて、イキイキとした細胞を作ることに成功しています。

 

プラセンタの応用範囲
現在では気軽に化粧品やサプリメントなどで購入できるようになりましたが、かつてプラセンタは医療用中心に使われていました。医療にも使われるほどの凄い成分があると注目されて、美容面での応用がされるようになったのでしょう。

 

傷ついた皮膚や他の器官の修復を助け、新しい細胞を作り出すことができるプラセンタですから、細胞をはじめ、血液やホルモンバランス、神経情報の伝達物質などにも如実に影響をおよぼします。本来は、女性の美容目的に使われるだけでなく、男性でも元気を取り戻すために用いてもよいのです。

 

医療用のプラセンタとはどんなの?

 

プラセンタは、かなり前から医療用として使用されてきました。ただ、どこの医療機関でもプラセンタを利用した治療を行っているわけではありません。積極的にプラセンタを活用している医療機関にあたってみることで、試してみることができるでしょう。

 

最近では、医療用のプラセンタサプリを販売している医療機関もあります。市販されている美容用のプラセンタ原料とは異なるため、大きな効果が期待できるでしょう。
肝臓病や婦人病の治療に

 

肝臓病や婦人病の治療用として、認可されているプラセンタがあります。そもそも医療用のプラセンタには、人由来のプラセンタエキスを使うことが認められています。もちろん胎盤として使用済みのプラセンタですから、安心してください。場合によっては感染症などのトラブルが起こる可能性もありますが、当然のことながら医師による処方ですから対策はとられます。

 

医療といっても、美容外科などでプラセンタを利用する場合には、何か問題があっても救済されないというデメリットがあります。医師による万全の対策はあるはずですが、もともと美容や健康維持の目的でプラセンタを利用することが医療の世界では好ましくないとされているのです。

 

医療用プラセンタの制限

 

実は、医療用のプラセンタには、様々な制限が設けられています。美容目的のサプリメントなどとは、この点状況が違います。なぜ医療用のプラセンタに厳しい制限があるのかといえば、豚や馬などの母体が病原菌に感染しないように管理できるのに対して、人の母体を管理することは不可能に近いからです。

 

そのため、確実に医師のもとで処方されることが医療用プラセンタの条件となります。医療用プラセンタの名目で販売されている商品を見かけたら、いったん注意しておいたほうがよいかもしれません。

 

ホルモンバランスが乱れる原因を解消しよう

 

人間の体の構造というのは、思っているよりもデリケートです。ですから、些細なことでもホルモンバランスというのは簡単に乱れてしまうのです。そして、ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、肌トラブルになってしまったり、生理痛や生理不順、月経前症候群などといった症状が出てしまうこともあるのです。

 

そのホルモンバランスが乱れてしまう原因もいくつかあります。自分はホルモンバランスが乱れていると感じるのであれば、何が原因なのかを見つけ出し、その原因を解消するようにしていきましょう。

 

食生活が乱れてしまっている
夜中に食事をしてしまったり、1日2食しか食べないなどといった乱れた食生活をしてしまっていると、ホルモンバランスも乱れやすくなります。この他にも、ジャンクフードを普段から食べていたり、加工食品やスイーツなどを食べているという人の場合、栄養が偏ってしまいやすくなってしまいますので注意してください。

 

ストレスが原因
ストレスというのは、体に色々な影響を及ぼしてしまうものなのですが、ホルモンにも影響を与えてしまいます。卵胞ホルモンというのは、視床下部によって分泌するように促されているのですが、この視床下部というのはストレスにとても弱いという特性があります。そのため、強いストレスを感じる、または長期的にストレスを感じていると、ホルモンバランスも乱れやすくなってしまうのです。

 

運動不足
運動を適度に行うことによって、自律神経が整いやすくなります。これによって、ホルモンバランスも整いやすくなりますので、普段からこまめに体を動かすような習慣をつけるようにしましょう。

 

無理なダイエットをしている
体に大きな負荷をかけてしまうダイエットをしてしまっていると、卵巣に不可欠な栄養素を食事で十分に摂取することが出来なくなってしまいます。これによって、十分な量の女性ホルモンを分泌させることが出来なくなってしまい、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

 

このような原因によってホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。複数の原因に当てはまっているのであれば、それだけホルモンバランスが乱れている可能性も高いですし、放置してしまうと、骨粗しょう症や更年期障害などの症状も出てしまいやすくなってしまいます。ですから、早めに原因を解消して、ホルモンバランスを整えていきましょう。

 

こちらも参考に:女性ホルモンを増やすサプリメント!これがおすすめ!

更新履歴

(2015/11/06)
イライラしたらこれを更新しました
(2015/10/23)
動脈硬化に良いといわれている食べ物を更新しました
(2015/10/23)
肝硬変と血清アルブミン量・血清ビリルビン値を更新しました
(2015/10/23)
セラミドと肌の潤いの関係は?を更新しました
(2015/10/23)
レフィーネの口コミを更新しました